あの日、もうジュニア担にはならないと誓った

 

 

 

 

のに、気付いたら嬉々とJr祭り入ってた(不覚)

 

 

 

 

 

 

 

今から12年くらい前、わたしには応援しているジュニアの子がいて、でもわたしも子どもだったから今みたいに現場に行けたわけではないし、熱心に応援できたわけではなくて、ただただ、雑誌やテレビを見ながら、好きだよ、頑張ってって、そう思うことしかできなかったんだけど。

 

 

ほら、あの、今からちょうど10年前にあったじゃないですか。ユニット大解散地獄が(震)

 

 

結局、好きだった子はジャニーズを辞めてしまって、すごく悲しくて、寂しくて、あぁ、なんで、なんでって、すごく思ったんだけど、でも辞めてしまったことはもうどうしようもできないし、新たな道で頑張る選択肢を彼が選んだのだから、死ぬほど落ち込んだりすることはなかったんですよ。

わたしは当時デビュー担だったから(今もだけど)、ジュニアを応援するってこういうことなのかぁってひとつの経験みたいな感じだったの。

で、わたしにはもうひとり応援しているジュニアの子がいたんですよ。関西に。

エイトがデビューしてからの関西を牽引していくような立場にいた子で、人気あったし、彼らを中心として関西ジュニアだけで城ホでコンサートもやったりして。

でも、ジュニア内グループなんて誰がメンバーなのか本人たちもよくわからないくらいに流動的だったり、ある日突然解体されたりするじゃないですか。その上新しい子たちもどんどん入ってくるわけで。

ちょうど、優馬しげ流星の、あの代が入ってきた後くらいから、関西もなんだかグループが乱立するようになって(私個人の体感の話だけど)、どんどん新しいグループできるから全然ついていけなくなって、関西ジュニア全体を見るのはやめてしまったんですよ。

それでもやっぱり彼だけはずっと応援してて、でもずっと見てると、あれ、なんだか様子がおかしいなって、なってきて。

 

彼は、中心にいたはずなのに、彼のグループは中心にいたはずなのに、だんだん、だんだんその位置が少しずつズレてきたんですよね。

 

わたしは相変わらず足繁くジュニアの現場に通えるようなファンではなかったし、そんな自分が何を言えるんだって話なんだけれど、だからこそ自分の無力さを死ぬほど痛感したんです。

デビュー組は、茶の間であってもCDやDVD、ドラマを見たり映画を見たり、そういうことでちゃんと彼らに還元してあげられるけど、ジュニアってドラマや映画も限られるし、テレビだって関西ジュニアってなると尚更だし、結局現場しかなくて。あぁ、わたしは彼になにもしてあげられないんだって、その無力さ思い知った。

応援しているジュニアが事務所に推されなくなっていくその現実と、その時に自分が何もできない無力さが本当につらくて、それは、私には、好きなジュニアが事務所を辞めてしまうことよりもつらくて。

だから、もう、ジュニアを応援するのはやめようって、そう思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……んですけど(ここまで前置き)、

 

2016年10月、わたしは梅芸にいたんですよ。

一度もジャニーズ舞台を見に行ったことがなかったから、行ってみたいな〜ってずっと思ってて、そんなときにちょうどフォロワーさんがジャニフワのチケの譲り先探してたから、「え、わたし行きたい」って勢いよく名乗り出て、気付いたらジャニフワのチケットを手にしてたわけですよね。うん。

しかもそれは大阪公演で、つまりいるんですよ、関西ジュニアが。

やっとジャニワのトンチキを摂取できる〜って浮かれてたんですけど、幕が上がると出てくるわ出てくるわ関ジュちゃんたちが!

なんかこう、いくら大阪公演といえどもドーンとメインは関東のジュニアだろうと、平野Princeだろうと、関ジュちゃんたちはカレーでいう福神漬けみたいな感じだろうと、そうとばっかり思っていたからですね、あの、まあ、やられましたよね!関ジュにやられましたよね!!!!!!!!

で、そんなジャニフワが終わって、ある日突然ジャニフワに一緒に入った子から連絡が来たんです。

 

「クリパのチケ譲ってもらってんけど行かへん?」

 

え、行かないっていう選択肢ある????チケ目の前でヒラヒラさせられたら行くしかないじゃん???????

 

 

 

気付いたら松竹にいましたよね(ドーン)

 

 

知ってた、松竹が危ないのは知ってた。だって松竹は危険だから絶対に行っちゃだめだってお母さんに言われてたもん(?)

 

あのとき、行きたくて行きたくて仕方なくてでも行けなかった松竹に、何年も経って、何年も経って今更、いたんですよ。

もうそれだけで泣けてきて、あぁ、わたし松竹に来たんだって。いつも泣く泣く通り過ぎていた松竹に、わたしいるんだって。

松竹の、あの小さな会場で歌って踊る関西ジュニアの子たちは本当に輝いていて、はちゃめちゃに輝いていて、WESTがデビューしてきっと焦っている子たちもたくさんいるだろうに、でもめちゃくちゃ未来明るいなって思えて!知ってた!関ジュが沼っていうのは!!!嫌というほど知ってたし!!!!!なんなら昔片足突っ込んでたし!!!!! 

赤と青の衣装を着て、まだ幼さの残る表情で歌って踊る関ジュの子2人に悶え苦しんだし未来明るすぎって頭抱えた。ジャニフワで見たときはみんなの弟だったのに松竹にいる2人はみんなの弟だけどときどきお兄ちゃんになってて苦しくて仕方なかった!!!しんどい!!!!!!ああ!!!!関ジュしんどい!!!!!!!

 

でも、その反面、その輝きを大量摂取したわたしは、ごめんね、こんなに経ってしまってごめんね、あのとき行ってあげられなくてごめんね、松竹のステージの上で歌って踊る姿を見てあげられなくてごめんね、なんて思ってた。

関西ジュニアにグループがたくさんできていったあの当時、ジュニアが新しく入ってくる度にわたしの知らない関西ジュニアになっていくから、入ってくる子たちのことを全然よく思えなかったんですけど、わたしが今見てる松竹のステージに立つジュニアたちは紛れもなくその子たちで、こんなに頑張ってるのに当時全然応援してあげられなくてごめんねなんて思ったりもして。

やっぱりわたしはどうしても松竹のステージの上に彼を探してしまったし、彼もかつてはこのステージに立っていたのになって、なんかそれまで抑えていた関西への未練が爆発してしまって、未来の明るすぎるキラッキラのアイドルたちを目の当たりにした高まりと、応援していた彼に対しての後悔と懺悔の念が溢れ出て松竹行ったあと結構しんどかった。感情がもう入り乱れまくってめちゃくちゃしんどかった。

 

でも、そんなときに、WESTが京セラドームでジュニア時代の曲をやってくれたんです。もう今は同じステージに立てないかつての仲間を思いながら、当時の関西ジャニーズJrを背負って歌ってくれたから、京セラドームっていう大きなステージの上でやってくれたから、それでなんかすっと関西への未練が昇華した感じがしたんです。

あぁ、わたし、関ジュちゃんたちの明るい未来を一緒に見たいって。

 

春松竹は外れたから行けなくて、でも卒業旅行いきまくってめっちゃくちゃ遊んでたから特に何のダメージもなくてなんなら今ならヲタクやめれるわーって感じだったんですけど、社会人になったら思い出したように関ジュ……関ジュ……ってなって、あっという間に5月3日になって。

 

あ、ようやくここからJr祭りの話するんですけど!!!(長い)

 

Jr祭りは当てることができたので1部と3部に入ったんですけど、あの、本当に、関東も関西もみんな頑張ってて、ジュニアが眩しすぎて、あの、関西が強すぎて、ちょっと、あの、もう……(動悸)

東西の曲やってる時、西畑向井大西の3人の背中が本当に本当に頼もしくて、あぁこの子たちはこの背中で関西ジャニーズJrを背負ってるんだって、なんかめっちゃ泣けてきて。気付いたらなんか城ホが松竹になってるし??????????

で、そこから怒涛のビリスマですよ???推しにビリスマ歌われたら泣くに決まってるじゃないですか!!!!「君が描いた未来の中に僕は今映っているの」って歌われるんですよ???シンメで「二人描いた未来のためにもう少し強くなるから」って歌われるんですよ???そんなの灰になるしかないじゃん!!!???もう屍だよ!!!! 

わたしの推しはJr祭りには来ないと思ってたしそのテンションで臨んだのに蓋開けてみたらがっつりいるしめっちゃくちゃ推されてるし、そう、めちゃくちゃ推されてるんですよ!!!

 

あ、あの、わたしの推しジュちゃんは今話題の道枝駿佑くんなんですけど。

 

クリパで道枝くんと長尾くんのシンメ見て未来明るすぎてつらくてわたしこの2人の未来を見ていきたいって思って、クリパのときにもう十分推され具合はわかったのにJr祭りでなんか更に推され具合を目の当たりにしてもう怖くなって!

だって、わたし、推されてたのに推されなくなっていったその過程がつらすぎてジュニア応援するのやめようって思ったから。

そう、クリパでどんなに2人の未来を見ていきたいって思っても、あのときもうジュニアは応援しないって決めたから、やっぱどこか一線ひいてたんですよね。 

 

でも、気付いたんですよ。

わたしがこんなにジュニアに、関西に、未練を抱いていたのは、決して推されなくなるのがこわいとかその過程がつらいとか彼が結局ジャニーズを辞めてしまったからとかそんな理由ではなくて、

彼が、人生で一度しかない大事な大事な時期を、青春を、ジャニーズに捧げていたその姿を目に焼き付けられなかったからなんだなって。ちゃんとその全てを見ていなかったからなんだなって。

だからこのまま一線ひいて応援してたら、道枝くんがデビューしたとしても、またいつかこんな風に死ぬほど後悔するときが来るんだろうなって思ったんです。

だから、ちゃんと見なきゃって、道枝くんが青春を捧げて必死で頑張ってる姿をちゃんと目に焼き付けなきゃ!って。

 

だからもう、ジュニアを応援するのはやめるとか、絶対ジュニア担にだけはならないとか、そんなことを言うのはやめます。だって、後悔したくないもん!もうあんな思いは二度としたくないもん!!

 

 

 

 

 

ちなみに、わたしが応援していた彼は、別の道を選んで頑張っています。でもわたしはやっぱりアイドルが大好きだから。歌って踊る人が大好きで、歌と踊り以外にも音楽の表現手段をたくさん持っているジャニーズが大好きだから。ごめんね。

 

 

 

 

そんなこんなで、4人目の担当増えました。おしまい。

17卒ジャニヲタ、就活終わりました。#3

 

17卒のみなさん、生きてますか。わたしは現場がなくて死んでいます。干からびて死にそうです。現場をください!!!!!!!!(大声)

 

毎月書くね!なんて言っておきながら4ヵ月も空いてしまいました。毎月ね、月初めになるとあぁブログ書かなきゃなぁって思うんだよ。思うんだけど、特に書くことがないの!!!!全然就活してなかったから!!!!(笑)

 

タイトルにもありますけれども、そんなわたしも無事に就活を終えることができました~!どうなるかなぁと思ったけど、どうにかなるもんだね!!!!!!!

 

本当にたくさんの方にお世話になりました。Twitterのフォロワーさんに関東での一人暮らしについて質問攻めしたりとか、面接について質問攻めしたりとか、17卒同士で傷を舐めあったりとか…(笑)たくさん助けてもらいました。Twitterで大学用のアカウントに行くとTLが就活の話題しかないのにこっちのアカウント来たらジャニーズの話題しかなくて!超天国!(笑)

ブログでも、同じ17卒の方からコメントを頂いたりなんかして、とってもとっても励みになりました。他にものんびりやってる人がいる!って心の底から安心しました!(笑)

 

というわけで、わたしの就活を振り返っていこうと思います!18卒でもう就活始めてるよ~なんていう人もいらっしゃると思うんでね、是非参考にしていただければ!まぁ絶対ならないと思うけど!

 

スペック

大阪在住、京都に通う学部生。心理学科。

資格なんてものは持っていません。部活もサークルもしてません。

大学4年間でやってきたこと?ヲタク!(笑顔)

勉強?可もなく不可もなく!

改めて振り返るとぐうたらな大学生でした。単位はヤバくないけどGPA高いわけでもないしっていう、そこらへんにいる感じの大学生。

3回生の間に必要単位は全て取り終えることができたので、4回生はゼミだけ。でもそのゼミも担当教授が就活優先してね~という人だったので就活終わるまでゼミは一度も行ったことありませんでした。つまり学校全然行ってない。

 

2月

上旬に初めてESなるものを出しました。あっけなく落ちました。まあ通るとも思ってなかった。ちなみにこのときES出したのはテレビ局でした。エンタメ志望だったんでね。

あとは音楽業界を中心に、エンタメ系のセミナーに行きました。とーっても楽しかった。ジャニヲタとして!(笑)

以前にも書いた気がしますが、ジャニヲタの人はエンタメ系の企業の説明会には行って損はないと思います。わたしが行ったセミナーでは人事の方と話せる機会があったんだけど、もうみんな就活と関係ないだろってことばっかり質問してました(笑)わたしはレコード会社のアイドルマネジメントについて聞きたかったのに全然踏み込んで聞けなくて、聞いとけばよかったなってめっちゃ後悔してる…。

現場はなかったけど、V6担のみなさんとデュアルルームでDVD観たり、ピングレ観に行ったり。なかなか楽しかった。

 

3月

就活解禁。2日に合同企業説明会とあとは3社くらい説明会に行った。あとなんか面談?に行ったかな。3月の就活はそれだけです。フィギュアの世界選手権とプロ野球のシーズン開幕に最高に盛り上がってた。就活生らしさの欠片もなかった。

ちなみに、その面談なんですけど、ちょうどその面談の日にカナダで1年間の留学を経て日本に戻ってきた友人のおかえりなさい会をする予定だったんですよね。だから朝からカラオケでめっちゃくちゃに騒いで、途中で1時間半くらい抜けて面談行って、またカラオケ戻ってそのあと飲んで…っていうスケジュールだったんだけど、面談一緒になった子に「この後どこかの説明会行くんですか?」って聞かれたので「カラオケ抜けて来たのでまた戻ります」って言ったら心底「いいなぁ」って言われました。なんだこいつって思われただろうな。自分でも思った。

 

4月

3社にエントリーしました。そのうち書類選考で通ったのは1社だけ。なのでその1社に絞って就活することにしました。もう説明会にも全然行かなかった!

現場は、野球を見に甲子園に2回行ったのと、KAT-TUNのコンサート行きました。京セラね!

 

5月

ES通ったとこの筆記試験受けて通って、面接受けました。が、面接で落ちた!わー!(笑)早くも5月で持ち駒を失くしました!

持ち駒を失くすも、なんと現場には足繁く通う。フォエプラ大阪公演を2回、次の週には滝沢歌舞伎を見に東京に行って、マーダーの大阪公演を1回。バカかお前は。

就活の予定の数<現場の数 な5月でした。

そして、まさかのバイト先が突然の休業!!!!!!店長が入院することになって、本当に突然ニートになりました。つらい。

 

 6月

ニートな6月。母が内視鏡手術で1週間だけ入院したのもあって、完全に専業主婦やってました。朝起きて洗濯して、掃除して、ご飯作って…。高校生のときはレタスとキャベツの区別もつかなかったわたしが、この6月で格段に料理の腕があがったの!クックパッド様様。

現場はワクワク学校だけ。あとはプロ野球交流戦を見に行きました。ワクワクで嵐とWESTが目の前でおいしそうな鯛を食べるもんだから、鯛が食べたくなって鯛を探し求め彷徨っていた6月でした。割と本気で(笑)。

 

7月

6月末に1社だけ説明会に行ったんだけど、その会社に運命を感じてそこを受けることに。筆記試験受けて、社長さんと話して、なんか次の日すんなり内々定もらった。7月に就活が終わりました。

ちなみに7月は現場はなし。オールスターに行くつもりが、母がタイガースのあまりの低迷ぶりにオールスターに行く気なくしてしまったので行きませんでした(笑)

 

 

 

以上がわたしの就活です。4月、5月、6月は毎月現場に行ってました。正直、就活の諸々と現場を比べたら現場の方が行ったんじゃないかと思うくらい(笑)

ずっとエンタメ志望だって言ってたんですけど、わたし途中でガラリと志望業界変えたんですよ。エンタメ系の企業の方とお話したり、色々調べていくにつれて、わたしにはエンタメでやっていく覚悟ができないと感じたんです。きっと、舞台を見ても、映画を見ても、コンサートを見ても、ドラマを見ても、CMを見ても、全部仕事の目線で見てしまうようになる。わたしはまだ、好きなものは純粋に好きなままでいたい、と思ったことがすべてでした。

そう思ったのは実は滝沢歌舞伎がキッカケで、見終わったあとに、あぁわたしはまだエンタメを消費する側でありたいなぁと。あと東京で働くつもりだったんですけど、東京行ってわたし東京では暮らせないなと思って帰ってきました(笑)東京行くたびに思うんですけど、絶対わたし東京無理だ…って。なんか、大阪以上に都会なところには行けないです。こわい!(笑)

 

で、エンタメはやめようって決めてからが大変でした。わたしは大学生になってからずっとエンタメに行く!と決めていたので、エンタメ業界しか見て来なかったんですよね。接客がやりたいなぁと思ってアパレル見たり、バイトで接客やってるんだからせっかくなら全く別のことやろうかなって思ったり、もうあっちこっちに行ったり来たりでした。

ちなみに、最後はもう会社の雰囲気で決めました。本気でここしかない!と思ったの。後悔はありません。

 

就活を振り返って

説明会に行ったのは4社。エントリーしたのは5社。書類選考が通ったのは2社。内々定を貰ったのが1社でした。大丈夫です、あなたの目がおかしいわけじゃないし、見間違いでもないです(笑)。ほかの就活生が見たらひっくり返りそうなくらいやる気のなさそうな就活だな~。

就活が始まったときに就活の目標は「追い詰められない就活をすること」「極力リクルートスーツを着ないこと」でした。もうおわかりだと思いますが、目標はちゃんと達成できました~!(笑)全然スーツ着なかったし、追い詰められてると感じることもありませんでした!のびのび就活できたと思います。

面接はもちろん指定されない限りはスーツで行きましたが、説明会にはオフィスカジュアルで行きました。みんなスーツなのにひとりだけ私服とか平気であった!

こんなにのびのびやれたのも周りの影響が大きかったんだろうなと思います。中学の同期はもう仕事してるし、高校の友人は資格職(先生とか看護師とか)ばっかだし、大学の友人は院に行ったり、専門学校に進んだり、卒業してそのまま海外留学したり…就活をしてるメンバーもみんなゆるーくやってたので、就活の雰囲気に飲まれることなくやれました。あぁ、大学卒業後の進路は別に就職だけじゃないんだって、そう思えることができた。本当に感謝してます。

ただ、いつでもどこでも「就活生」っていう肩書きがひっついてくるのがしんどかった。現場行って、その間は何もかも忘れて楽しむことができても会場を出ると就活生なんですよね。友人と食事してても、買い物をしてても、常に自分に就活生という言葉がまとわりついているような気がして、それだけがしんどかった。でもそれだけかな。

周りを見てると、みんな就活大変そうで、就活でボロボロになっていく人なんかも見かけました。就活って、なんかどこか自分を追い詰めなきゃいけないって感じがするけど、全然そんなことないと思うんです。のほほんとしてても大企業に行く人は行くし、めちゃくちゃ追い詰めて頑張ってる人でもダメな人はダメだし。

わたしはスーツ全然着なかったし、髪の毛だって真っ黒にはしなかったし、パーマも当てっぱなしでした。追い詰められない就活をするために、就活生らしい恰好をしないとこから入りましたけど、結局は気の持ちようだと思うんですよね。スーツ着てても、真っ黒な髪色でも、心に少しでも余裕を持てるかどうかだと思うんです。その点、ジャニヲタは強いかな~なんて(笑)

 

アドバイ

将来に就活を控えている人で見てくださってる人がいるとして、もしもわたしが何かアドバイスをするのだとしたら、「就活は自分を追い詰めなきゃいけないわけじゃない」と言いたいです。

もちろん、どんな企業に行きたいのか、どんな業界を目指すかによって就活は大きく変わってくると思うけれど、就活に正解なんてなくて、就活にセオリーなんてないと思うんですよ。自分なりにやればいいと思うんです。就活のゴールは内定をもらうことではないし、早く内定を貰う人や大企業に就職を決める人が勝ち組なわけでもない。就職して何年か経って「ここに就職してよかったな」って思えるかどうかだと思うんですよ。

あと、ほんとこれは声を大にして言いたいんですけど、お金はほんとちゃんと貯めといたほうがいいから!!!地元で就活するし~っていう人も、ほんと、自分が思ってる以上にお金なくなるから!(笑)

まず外食が増えます。説明会帰りにランチ、試験帰りにランチ、面接帰りにランチ……。あと就活のストレスを買い物で発散させてしまったり???勢い余って現場の予定入れたり????????????地味~に交通費もとられますからね。ほんと、地味に減ってくから。お金。

 

18卒の就活生へ

18卒の方でもう就活始めてる方もいらっしゃると思います。きっと不安で不安で仕方ないと思います。でもみんな不安だからね。大丈夫だよ。

例えば、受験生に勉強なんかしなくても平気だよってアドバイスする人はいないと思います。でも就活はそうじゃないんですよ。100人いれば100通りの就活があって、インターンは行った方がいいと言う人もいれば行かなくてもいいと言う人もいるし、業界は絞った方がいいと言う人もいれば絞らない方がいいと言う人もいる。さっきも言ったけど、就活にセオリーなんてないんですよ。自分らしく就活していいんです。自分なりでいいんです。

私なんて、インターンなんか全く行かずにずっと遊んでたし、SPIの本も買ったけど全然勉強しなかったし、面接対策なんてひとつもしなかったし、なんなら大学の就職課にも就活終わった報告をするまでは一度も行ったことがありませんでした。でもそんな私でも夏休み入るまでに就活終わったんですよ。

だから、大丈夫。どうにかなるから。

一つ上の先輩も、母親の友人も、みんなどうにかなるから大丈夫って言ってて、正直嘘でしょって思ってたけど、大丈夫、本当にどうにかなるから(笑)。

だから、どうか心に余裕を持ってほしい。自分を追い詰めすぎないでほしい。就活なんかで自分自身をボロボロにしないでほしい。自己分析で自分を見つめすぎて自分を嫌いにならないでほしい。もしも自分を追い詰めたいのなら、社会人になってからとことん追い詰めればいい。 

だから今は「きっとどうにかなる」って思いながら心に余裕を持って。正社員にならなければ死ぬわけじゃないんだから、少ししんどくなったらジャニーズに逃げればいいの!!!!!

なんて、ゆっるゆるな就活してたからこんなことしか言えないです(笑)。行きたい企業や業界によってすべきことは変わってくると思うのでそういうのは先輩や学校の人に聞けばいいと思います。

 

 

私はこんな就活でしたけど、今のところこれでよかったなと思っています。納得の行く会社に内々定を貰えたし、たくさん遊んだし、我慢もせずに現場にも行ったし!

ただ、就活が終わったからといって全てから解放されるわけでもなくて、この先には卒論という強敵が待っているんですけど…就活よりも卒論の方が嫌だ…(笑)

 

最後になりますが、応援してくださったみなさん、相談に乗ってくださったみなさん、一緒にバカみたいに騒いで遊んでくれたみなさん、そして共に頑張ってきた17卒のみんな、本当に本当にありがとうございました!!!!!

未来の全てのジャニヲタ就活生が自分らしく就活できますように!

卒業~さよならは明日のために~

もうMステSPが放送されてから2日経つけど、どうも思いきれないのでたらたらと未練がましく思うのはこの記事で最後にします。

私は田口担でもなければ、KAT-TUN担でもないけれど、10年前のあの頃、You&Jにすべてを捧げた者として。

 

10年前の3月22日のことをわたしは鮮明に覚えています。

梅田のタワレコに、意気揚々とCDを買いに行ったことも。

恐ろしいほどに、大々的に売り場が展開されていたことも。

ズームインで羽鳥アナが「デビューアルバムなのにベストってすごいですね!」って言ってたことも。*1

 

あのときは、未来に希望しか感じてなかったのになぁ。

You&Jの3グループがアイドルの新時代を築き上げると、そう確信してたのになぁ。

 

NEWSが6人になって、1年活動しなくなって、アイドル誌にもソロで載るようになって、きっとこの先にはまた8人で笑ってる未来が待ってるってそう思うようにしてたのに、カウコンで城島リーダーに呼ばれてステージに映った影がどんなに数えても6つしかなくて、6つしかなくて、画面の向こうではみんな「あけましておめでとう」って新年を祝ってて、遠くから打ち上げ花火の音が聞こえてて、世間がこんなにもおめでたい空気になってるのに、わたしはひとりテレビを見ながら泣いてて、そうやってNEWSの復活を見届けて、やがてエイターでもなくなって、You&Jの話をするのはもうやめようって心に決めたのに。

 

KAT-TUNが1人いなくなって、気付いたらまた1人いなくなって。

そしたらまた、田口くんがKAT-TUN辞めるなんて言うから。リアルタイムでその発表を見てて、もう動悸が止まらなくて、本当に信じられなかったから。

バカ!バカ!!!!!!

もうバカ!!!

 

私たちの世代のジャニヲタはほとんどみんなそうだと思うけど、すべての始まりはKAT-TUNだったから。もうYou&Jの話はやめようって思ったけど、その日以来You&Jに対する思いが溢れ出てきてしまって、あぁこれが巷で話題のYJ遺族かぁって。

 

無駄に大きくて硬いストラップなのかキーホルダーなのかよくわからない会員証を、何度も何度も捨てようとしたけど捨てられなかったなぁ。

なんでかなぁ。

なんでこんなに人数減っちゃったのかなぁ。

何がダメだったのかなぁ。

 

いつかは忘れてしまったけど、10年くらい前の少クラでKAT-TUNとNEWSと3兄弟(渋谷横山安田)が歌ってた滝ツバの卒業が大好きで、キラキラしてる人たちが儚くて切ない歌を歌うのが好きで、当時ずっとそこだけリピートしてたんだけど、今改めて見返してみるともう泣かずにはいられなかった。

 

櫻の花が舞う あの日のように

まぶしい想い出のヒカリを反射して

せつないためいきで色鮮やかに

舞い上がれこの想いのすべて 届けてくれ

 

たとえばぼくたちが想い出になる

そばのぬくもりには もうかなわないから

さよならは未来のためにあるから

舞い上がれ遙か遠く君に届くように

 

http://www.kasi-time.com/item-1517.html

 

これから先どんなヲタクをやってたって、ヲタクじゃなくなったって、きっとわたしは一生YJ遺族なんだろうなぁ。

 

 

 

*1:もしかしたら3/22じゃないかもしれない…

17卒ジャニヲタ、就活始まりました。 #2

 

17卒のみんな生きてるかーーーーーーー!!!!!!!!!(大声)

 

 

わたしは生きてます。割と元気です。なぜなら2日に学外の合説行って以来特に就活らしいことをしていないからです。舐めてる。完全に舐めてる。

18卒、19卒、それ以降のジャニヲタ就活生のみなさんの役に立てればなーと思ってリアルタイムで更新してますけどどう見ても役に立たなさそうなブログですみません。

同じようにのろのろと就活してる17卒のジャニヲタ就活生のみなさん(いるかわかんないけど)、ほどほどに頑張りましょう。

 

現在の状況

今エントリーしてるのはプレも含めて約20社くらいかな~多分他の人はもっとエントリーしてるんだろうけど、今すぐエントリーしなくても大丈夫な気がしてるのでじっくり考えながら決めていこうかなと思ってる。ちなみに2月中に1社ES出して2月中に見事に落ちた。いい経験。

 

就活の軸

エンタメ業界を志望するのは変わりないけど他の業界にも興味出てきたし、BtoBよりもBtoCがいいな~っていうのはわかってきた。誰かに喜んでもらえる仕事がしたい。

で、どこで就職するのかは考えないことにしました。どんだけ考えても答えが出なさそう。もう企業が決めてください。東京でも大阪でもどっちでもいいです(やけくそ)。

あと母の故郷である山口に就職するのもいいな~なんて思い始めてる。ヲタクやるには絶対不便だけど、わたし山口が大好きなんだよな~。山口に行くたびに人が減っているような気がするんだけど山口いいとこだよ……

 

目標

わたしの就活の目標は「追い詰められない就活をすること」と「極力リクルートスーツを着ないこと」です。ゆとりか。

周りに流されず、自分らしく就活していければいいなぁと。追い詰められないということは決して楽をするということではなくて、ある程度息抜きをしならが、自分の心をうまくコントロールするということです。つまりヲタ活やめない!!(結局そこ)

スーツを着ないというのはただただわたしがリクルートスーツが嫌いだから。心まで窮屈になる。髪を後ろでひとつに結って、前髪をばっちり分けて、真っ黒に染めて、真っ黒なスーツと真っ白なシャツを着て、黒いトート持って…葬式???

就活生らしい恰好をすると、なんだか就活生らしくしなきゃいけない気がして、誰かに追い詰められているような気持ちになるのであまりそういう恰好はしたくない…。強制なら着るけれど、それでも少しどこか気を抜けるような恰好をしたい。髪の毛はハーフアップにするとか…??証明写真の撮影のために2月上旬に髪の毛を染めたけど、そのときも暗めの茶色にしてくださいとお願いしました。真っ黒にはしたくなかった。パーマも健在です。なんなら髪色落ちてきてこのままだとただの茶髪になりそう。

就活に地味に反抗しながら就活していきます。どうなるのかな~(楽観的)

 

自己分析

自己分析はしないことにしました!!はは!!

まあやらないっていうのは語弊ですけど、本買って真面目にやらなくても、例えば今まで書いてきたブログの記事とか(非公開にしてるやつがたくさんある)、今までのツイートとか見返すと結構自分がどういう人なのか浮彫りになると思うんですよね。特にTwitterとか何も考えずにポンポン呟いてるので一番自分の本音が表れてるかも。

自分の人生のターニングポイントとか思い返すだけで割と自己分析って簡単にできる気がするんですけどどうでしょう?

でもこの自己分析、お風呂に入ってる間とか、電車の中とか、普段ぼーっとしてる時間でなんとなく自分ってなんなんだろうな~って考えるだけでも、今まで思ってた「自分」と違う側面が見えてきて面白かったりするんですよね。ずっと自分はこういう人だと思ってたけど、実はそうじゃないのかもしれない…って。それだけで就活やってよかったなと思える。まだちゃんとやってないけど。

あと他己分析ですね。わたしってどういう人だと思う?って聞いて回ってるけどこれも面白い。わたしのことそういう風に思ってたんだ~って。親、大学の友達、高校の友達、中学の友達、バイト先の人、ヲタク仲間、それぞれから全然違う答えが返ってきて楽しい。

 

企業説明会

興味なくても面白そうだなと思ったらとりあえず行きましょう。面白いから。

わたしはエンタメ志望だからレコード会社とかも行ってるけど、これは本当にジャニヲタはみんな行くべきだと思った。例えばレコード会社と所属事務所の関係性とか、音楽マネジメントの裏話とか、そういうことまで聞けたりします。レコーディングにフルオーケストラ呼んだら2時間で100万くらいするんだって!だから気軽に呼べないって言ってた。それ考えると、予算のことは考えなくていいって言ったエイベかっこよすぎるな!!!!*1あと楽曲タイアップはどちらもまったくお金がかからないとか。車のタイアップが一番いいとか(放送回数がダントツらしい)。

V6の話聞けるかな~っていう完全出来心でWOWOW行ったりしたけど、WOWOWって映像技術が買われてて、放送や映像化の有無に関わらずライブに呼ばれたりするらしく、ジャニーズのコンサートのカメラもWOWOWの人がやることがあるんだとか。だからWOWOWで放送したVコンもばっちりファンの心掴んだのね!!!

人事の人から好きなグループの名前聞けるの超テンションあがるからね!!!積極的にみんな行こうね!!!

 

 

 

 

……あれ?就活ってなんだっけ?

 

*1:V6の40th Single「kEEP oN.」制作裏話

17卒ジャニヲタ、就活始めます。#1

え、遅くね?

と我ながら焦っております。今日という日まで何もしてきませんでした。どうも。これでも一応就活組です。大丈夫か。

今日から就活が終わる日まで、就活記録(クズな自分への喝ともいう)として毎月更新していこうかなと思います。17卒ジャニヲタのみなさん!共に!頑張りましょう!

 

スペック

大阪在住の私立大学3回生。文学部。心理学勉強してます。院にはいかない。心理職に就く気はさらさらありません。部活もサークルもなにもしてません。遊んで遊んでたまーにレポート書くっていうクソみたいな大学生活を過ごしてきました。就活?なにもしてません。インターン?行ってません。

本当は働きたくない。

 

志望業界

むっちゃ迷ってるんすよ!

本当はエンタメ系に行きたいんです。でも最低限家から出ない生活をしてるわたしがエンタメに向いているとはどうも思えない。休みの日の過ごし方なんてまず家から出ないし、午前中に起きて朝ごはん食べてちょっとやることやって昼から夕方までずっと寝てるし、つまり軽い引きこもりですよ。そんなわたしがエンタメ業界でやっていける?

一応夢というかやりたいことはあります。でも、その夢のために命を懸けようなんて思わないし、別にかなわなくてもいいというか、こうなればいいな~っていう。だから別にそうならなくてもいいっていう。まぁ、その程度ですけど、一応やりたいことはある。やりたいことをやるなら自ずと業界は絞られてくるんです。まぁ、それがエンタメなんすけど…。

ただ、やっぱりジャニヲタとして土日は休みがいいなとか、18時までにあがれる仕事がいいなとか。そういうことを考えると一般職がいいよな~って。ブレブレかよ。

 

学生生活

なんかほら、よくあるじゃないですか。どんな学生生活過ごしてきましたか、みたいな。わたしは週3でバイトしてあとはひたすら家にこもるか遊ぶかっていう生活してきました。本当にクズ。自他共に認めるクズ。就活に向けて特にやってきたこともないです。2回生の頃から業界・業種は考え始めてたけど、3回生になってからは毎月現場行って、全国飛び回って、寝て、寝て、たまにレポートして、ちょっと卒論して、みたいな…そういう生活してたから…。

 

就活

友人には「やりたいことがあるならちゃんとその道を考えた方がいい。せっかくやりたいことがあるのにもったいない!」と言われたのでとりあえずエンタメ系に絞りつつ、他の業界も見てみようかなぁと。東京に行くか大阪に残るかは未だに迷ってるし一生答え出なさそうだから両方考えながら就活しようと思う。え?東京に行く理由?ヲタ活がしやすいからに決まってるからでしょ。え?大阪に残る理由?甲子園に行きたいからに決まってるでしょ。

 

ヲタ活

現場は適度にセーブしつつ、ヲタ活と就活を両立させるつもりです。3回生になってからはDDの如く時間と金さえあれば色んな現場に手を出してしまったので、就活中の現場は担Gに絞ろうかなと。あとむやみやたらに遠征はしない!

ヲタ活は何が何でもやめません。無理。もう5月の現場決まってるもんね~♡♡♡♡

 

2月の予定

周りはもう既にがっつり就活してて、ESがどうとかインターンがどうとか選考がどうとか言っててめちゃくちゃ焦ってるんですけど、とりあえずわたしはまずセミナーと説明会に行こうかなと。他の業界を知る前に絞ってしまうのはもったいないなと思うのであまり業界絞らず色んな説明会に行くつもりです。現時点で決まってるのはセミナーと説明会合わせて10こくらい?あとちょっとインターンもどうしようか考えてる!このわたしが!締切は10日!どうしよう!

あとは2月のうちに自己分析を進めたいなっていうのと、ESもいくつか書きたいなっていうのと、SPIも進めておきたいなっていうのと、あと卒論の調査で使う質問紙作らなきゃ…(これが一番重要)

 

2月のわたしはこーんな感じです。やる気あるのかないのか。ないんだけど。

あと約1ヶ月で情報解禁です。就活生のみなさん、頑張りましょう…!

ジャニーズWEST「ラッキィィィィィィィ7」行ってきました

大阪から広島まで行ってきました。滞在時間はわずか6時間。この記事は帰りの新幹線で書いています。この感情は残しておかなければと。推敲する時間ですら惜しいのでめちゃくちゃな文章になってるかもしれない。後々恥ずかしくなって消すかもしれない。許して。

WESTのコンサートはこれで2回目。前回のパリピポ大阪公演入って以来です。前回のコンサートは色んな方がおっしゃっているようにとてもよかった。良い意味で裏切られた。かっこよかった。ジャニーズだった。

で、今回のコンサート。前回のツアーがとてもよかったので期待値はあがってる。なのに、それを軽々と越えてきた。またしてもやられた。

何がよかったのかと具体的に聞かれたらもうそれは何なのかわからない。正直言って。

でも、とてもよかったのだ。満足感がはんぱなかった。

この1年、ありがたいことに色んな方に声をかけていただいて、たくさんの現場に行った。そのどれもがとても楽しかった。けれど、その反面、どこかコンサートを俯瞰で見ている自分がいた。非日常のその空間を、その場にいるはずなのに、わたしは日常からその様子を覗いていた。コンサートは無条件に楽しめるはずの空間だった。昔はただただなにも考えず、キャーキャー叫びながら楽しんでいた。なのに、公演中に腕時計で時間を確認してるわたしがいた。時刻というのは、あっという間に非現実から現実へと引き戻してしまう数字だ。それを自ら確認しているのだ。しかも無意識的に。

ジャニヲタをやめたくなった。素直に楽しめてない自分がいやになった。コンサートに入るたびに、あの演出はもっとこうしたほうがいいとか、曲の繋ぎはもっとこうしたほうがいいとか、MCがどうとか、そんなことを考えている自分がいやになった。これじゃファンじゃなくてただの評論家じゃないか。お前は何様のつもりなんだ。

ただの自己嫌悪かもしれない。実は広島に行く直前がジャニヲタやめたいのピークだった。そんな気持ちを抱きながら広島へ行った。会場へ入った。

 

だが、終わってみるとどうだろう。

口から出てくるのは、楽しい、その言葉ばかりだった。

楽しかった。

ただただ楽しかった。

なにも考えず、騒いで、踊って、歌って、叫んで。

久しぶりだった。ただただ感覚で楽しめた、久しぶりのコンサートだった。

 

休む暇もなく、考える余裕もなく、次から次へとおもちゃ箱のように「楽しい」が出てくる。かっこよかったり、おもしろおかしかったり。観客を飽きさせない。ジャニーズWESTのコンサートは、そんなコンサートだった。

 

誰だっけ。照史だったっけな。明日のことなんか考えなくていいって言ってたけど、明日のことを考えられないようにしてくれたのはまぎれもなくあなたたち、ジャニーズWESTです。ありがとう。心からありがとう。

 

わたしはまだ当分ジャニヲタをやめられなさそうです。

ジャニーズ楽曲大賞2015

新年あけましておめでとうございます。今年もこの季節がやってきましたね。投票締め切りは今日かな?わたしは3日前ほどに投票しました。投票結果はこんな感じ。

 

楽曲部門

1位 Wait for You / V6

2位 我 I Need You / Hey!Say!JUMP

3位 ~此処から~ / V6

4位 Sakura / 嵐

5位 Heavenly Psycho / 関ジャニ∞

 

もうめっちゃくちゃ悩んだ。悩みまくった。

1位のWait for Youはわりとさくっと決めれた。とにかく音楽も歌詞もダンスも好きだし、なにより「一緒に生きてくれないか」って聴こえるように歌うのずるすぎる。

2位はもう、あの、この曲ジャニヲタが嫌いなわけないでしょ!??!???っていう。好きな要素しかなかったし、サビ終わりのリズム遊び楽しすぎる。

3位がね、めっちゃくちゃ悩んだんですよ。正直言って、この曲すごい好きってわけでもないし、めちゃくちゃ聴いたかっていうとそうでもないんです。でも、20周年でファンに向けてじゃなくてメンバーに向けて曲作っちゃうあたり可愛すぎるし、「此処からいなくならないで」がぶっちぎりで優勝。泣ける。

4位のSakuraは、この曲踊ってる嵐はかっこいいなって。それに尽きる。ダンスのスキルの差がわかりにくい振り付けだったと思うし、この曲踊ってる嵐見て、やっぱりわたしは踊ってる嵐が好きなんだなって実感した。

5位のHeavenly Psychoはね、ほんともう書きたいことたくさんあるんだけど。

この曲はわたしにとってすごくすごく大事な曲なんです。大切な曲なんです。いろんな思いがたくさんつまってるし、間違いなく人生のテーマソングです。この曲があるから今の私がある。ずっとずっと聴き続けてきた曲なんです。

それをリアレンジして再録すると聞いたとき、とっても複雑な気持ちでした。正直嫌でした。わたしの大好きなHeavenly Psychoが上書きされてしまうのではないかと。わたしは、あの頃のエイトが歌うHeavenly Psychoが好きだったから。踊ってるHeavenly Psychoが好きだったから。それがなくなってしまうかもしれないと思うといてもたってもいられなかった。

でも実際にリアレンジver.を聴いてみて、あの頃未来がわからなくて関西で燻っていたエイトが約10年たって、あの頃歌ってた曲を今ならこんな風に歌えるんだって、なんだかちょっと嬉しくなった自分がいた。この曲が大好きな錦戸亮が編曲したんだから、間違いないやって。まぁ、それでもわたしは踊ってるヘブンリが好きなんですけど(笑)この曲を歌い続けてくれてることに感謝です。

楽曲部門はこんな感じ。何度も何度も考えて投票しました。ほんとは東京ドライブにもいれたかったし山手線内回りにもパリマニにも投票したかった……。

 

MV部門

キラキラ光れ / Hey!Say!JUMP

投票しようとして気付いたんですけど、今年全然MV見てないわ……っていう。その数少ないMVの中で一番印象に残ってたのがこれ。可愛いが溢れすぎてたし可愛いしかなかった。

未音源化部門

Hip Pop Boogie chapterⅡ / 櫻井翔

櫻井担として投票しないわけにはいかないですよねーっていう、もはや義務感。櫻井翔が提唱した"HIP POP"は嵐にはもう必要ないのかなぁなんて寂しくなってたところだったので、Hip Pop Boogieのリリックを少し変えてChapterⅡとして披露してくれたことにただただ歓喜。まあ宮城行ってないんすけど。

現場部門

V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995~FOREVER-

2015年はいろいろな現場に行けた(連れて行ってもらった)年だったので、こちらも投票には悩みましたが、やっぱりアニバは特別だよな!!!!!何回入っても楽しめたし、泣けたし、感動したし、演出にもコンセプトにも空気感にも、なにもかも「好き」があふれた現場でした。とにかく39symphonyが強すぎた。

コンビ部門

森田剛&岡田准一

いつもなら大野智&櫻井翔って投票してるし、今年ももれなく山コンビに投票しようと思ってたのに、ふいにSONGSで剛くんが岡田に言った「お前が背負ってるものとか想像できないけど、こうやって集まってるときくらいは笑っててほしい。」っていう言葉を思い出して、衝動でこのふたりにしました。別に剛准推しでもなんでもないけど、とにかくこの言葉は尊すぎた…。

自担部門

櫻井翔 

掛け持ちしてる人は自担部門どうしてるのか切実に知りたい。

 

以上わたしのジャニーズ楽曲大賞2015でした。結果が楽しみ。むふふ。